トップページ >登記簿謄本について> 土地の登記簿謄本

土地の登記簿謄本

土地の登記簿謄本
登記簿の構成は、土地の概要が記載されている表題部と、所有権に関する記載の甲区と所有権以外の権利関係が記載されている乙区の3つの区から構成されています。

土地の登記簿謄本の表題部
当該土地の広さ、所在地、その土地の利用目的などが具体的に記載。

甲区
当該土地の所有権について記載。
その他に所有権保存登記や所有権移転登記などについて記載。

乙区
乙区は甲区に記載されている所有権以外の権利の登記事項が記載。
所有件以外の権利とは、地上権、賃借権、地役権、採石権、永小作権の5つの用益権と、先取特権、質権、抵当権、根抵当権の4つの担保物権のことです。

土地の登記簿謄本だけではその土地の様子が分からないことが多いので、公図を取得して土地の形や隣地、公道などの位置関係を確認しておくことが必要です。


土地と建物の登記簿謄本には地番区域というものが書かれています。
私たちが普段使用している住所は住居表示といい、郵便物などが届くために付けられているもので電柱などに表示が書いてあってりします。

一方で地番とはその土地を特定するために付けられている土地一筆ごとに付けられている番号のことです。

土地の登記簿謄本を取得する時には、その土地の地番で謄本を申請します。

▲土地の登記簿謄本 ページのTopへ